代表メッセージ

私たち横濱会計事務所は、その名のとおり、横浜の元町にある税理士事務所です。
地元横浜で、事業をされている方の何かお役に立てないか?いう想いで、税理士になりました。当事務所は、自宅の4畳半からの出発。1年ほどで、中華街に事務所スペースを借りることができました。そして、2017年7月。幸運にも、現在の元町メインストリートに事務所を構えることになりました。

とはいえ、これまでの道のりは平坦だったわけではありません。
お客様を紹介するという甘い誘いに、高価なコピー機を買ったあげく1件も紹介がなかったことも。今思い出すと恥ずかしい失敗ばかりです。こんな失敗はあっても、目の前のお客様にどうしたら税務以上の価値を提供して、お役に立てるか?それだけを考え、日々一生懸命に仕事をしてきました。

おかげさまで顧問や相続のお客様も増えております。それにつれ、税の専門家として単に税務を行うだけでなく、数字からお客様の経営相談にも対応できる助言者としての役割は、本当に重要だと感じています。

一説では「税理士はAIの進化で仕事がなくなる」と言われていますが、私はそうは思いません!経営者が身近に相談できる唯一の存在は、財務を把握している会計事務所しかないのです。ですから『会計事務所の可能性は無限にある!』と感じています。

今後、私はこの横濱元町会計事務所を単に税務だけに留まらず、地元の事業者が経営相談を気軽にできる、頼りにされる事務所として拡大しようと考えています。
もちろん、そんな助言者になるには、税務以外にも勉強が必要です。研修や教育体制もまだまだ不十分ですが、一緒に助言者となる仲間をたくさん作りたい!

何よりお客様から頼りにされて、何でも相談してくれる存在になるのは、単なる仕事の域を超える喜びがあります。

こんな会計事務所の仕事を、一緒に元町でやっていきませんか?

事務所行事

忘年会/確定申告後の慰労会

代表やスタッフ同士が、お互いを知る気さくな飲み会です。
元町や中華街の美味しいお店で、盛り上がります。(費用は事務所持ちです)

※今後、状況やスタッフの要望により、行事は増えることがあります。その際には、事務所内で相談の上、実施します。

仕事内容

会計入力、巡回監査、申告書作成など。
1年〜3年の間で、クライアントの社長から頼りにされる助言者を目指します。

入力作業や申告書作成だけでなく、実際にお客様に役立つ、やりがいあることをしたいという方に合っている仕事です。
当事務所では、クライアントとのコミュニケーションを大切にしていることから、月1回から3〜4ヶ月に1回の巡回監査を行います。

クライアントと数字を元に、事業の状況を伺った上で経営アドバイスまで行う。
税務の専門家としてだけでなく、助言者としての仕事です。

ただし、入職後いきなり、1人で担当にはしません。
代表や先輩スタッフと一緒にクライアントへ出向き、同席して補佐からはじめ、徐々に仕事を慣れていくスタイルです。
各人の能力により差がありますが、1年〜3年の期間を経て、1人でクライアント対応ができるようになります。

教育制度

現状、制度として明確にプログラムはしておりませんが、現状、少人数のため、スタッフの要望に柔軟に研修を行います。
業務は忙しいですが、できる限り代表から直接、丁寧に教えるようにしています。


新人研修

入職後すぐに行ないます。研修内容は、事務所の理念や方針、方向性、電話の受け方、お客様との接し方など。事務所の仲間として大切な考え方の基礎です。入職者すべての人のベクトルを合わせるために行います。

OJT

新人研修後は、実際の業務を行いつつ、徐々に高度な仕事へ移行します。代表もしくは先輩スタッフが丁寧に教えます。

土曜研修

実務能力を向上させたいスタッフ向けに、月1回土曜に実務研修を行なっています。税制のうち実務でよく使うものの解説など、単なるアカデミックな知識だけにならないよう、実際に将来にわたって使える知識の習得を目的としています。(任意参加、休日出勤にはなりません)